WCTベルズビーチ、ジョーディースミス優勝しました!

女子は一足お先に月曜日にコートニーが優勝。久しぶりの優勝という感じですね。

結果だけしか見ていないので後でじっくりヒートチェックしようと思います!

 

さて、オーストラリアでは先週金曜日から昨日の月曜日までイースターホリデーによる4連休でした。

連休前半はオープンビーチでもできるサイズであったため、人が散らばりみんなファンサーフ。

僕は怪我のため買い物や普段めったにしない観光。。。

ゴールドコーストから40分ほど内陸に入った町タンボリンマウンテン。

ワイナリーやビール工場やチーズ工場があり、街の中にはアートを感じる変わった感じの店などがあり、

中の写真はNGだけどここにある絵画すごかった。

ゴールドコーストを一望できる街。

いろんな時間帯に違う場所から撮影。

たまには山から見下ろすのもいいですね。

写真ヘタ???笑

 

違う日に、ダイスケさんちの前ではいってまーすとLINEがはいったので、カメラ持って家の前へ

近所に住むオージーと日本のハーフのイケメンKAI。チューブに突っ込みまくっていました。

水道屋さんのAKITOSHI。

プロウェイクボーダーYOKOCHIN。


波はあんましですが、こうして仲のいい仲間で貸切のビーチでサーフィンできるのもオーストラリアの魅力の1つ。

 

連休最終日はサイズも上がり、どこのポイントもグッドコンディション。

 

フォトセッションしようと声をかけると、みんな集まってくれてなるべく空いている場所でサーフィン。

この日、日本に帰るYUGO KAWABATAもフライトギリギリまでサーフィン。

スプレーがきれい。

れんちゃん

オーストラリア育ちのHINATA AIZAWA

ワーホリ修行中のKAITO HAMAMURA


SHOUSEI SUKEMATU。。。ぼやけてごめん。

ワーホリで最近来たKAKERU MURATA。またまた逆光でなんだかわからない。。。

またまたピンボケナッティー、、、

 

。。。

 

うーーーん、写真って難しい。

 

フォーカス合わすのも、光の具合や角度も考えなければいけなく、なかなかうまく撮れない。。。

 

やはりセンスがないのかな。

 

ということで、僕はカメラマンを引退しようと思います。

 

このウェブサイトも終了。

 

みなさん短い間でしたが、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

。。

 

 

 

。。。

 

 

 

嘘です。

 

 

 

気を取り直して、夕方はこの2人と全然人のいない鬼ぼれのD-BAHへ。

一般サーファーなら間違いなく入らないコンディションですが、2人はウキウキしながら海へ。

。。。

 

最初はワイプアウトしまくりでしたが、すぐにコンディションになれる2人。

 

KOTA IIDA

こんなコンディションを本当に楽しくサーフィンするコータ。

4年前にオーストラリアへ来て、今ではゴールドコーストの誰もが知る存在に。

HINATA AIZAWA

サーフィンが本当に大好きなのがまわりからも感じれるひなた。

ついこの間までは小さかったこの2人だけど、今では大きく成長していつも驚くようなサーフィンを披露してくれる。

こうしてこの2人にレンズを向けれることが本当に嬉しい。と、同時に、彼らの驚くようなサーフィンをより美しい形で残せるようになりたいな。

 

 

 

D-BAHでとってるよとメッセージを入れておいたら、仕事終わりに急いで駆けつけてくれたカイトとショウセイ。

 

SHOUSEI

いきなり強烈なワイプアウトでまっぷたつ。


KAITO

時間が少なくいいのが撮れなかったけど、こうして駆けつけてくれるのはすごく嬉しい。

この2人もワーホリ修行期間が残りわずか、帰国までにまたセッションしていい写真を残してあげたいな。

 

と長々書いてしまいましたが、PHOTOギャラリーの方に今回のEASTER SESSIONの写真を掲載しております。

ぜひご覧ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です