SUGANO DAISUKE – Coolangatta, GOLDCOAST

20歳でサーフィンを始めその半年後ワーキングホリデーでオーストラリアへ。

オーストラリア1周、インドネシア、フィジーなどの国々でサーフィン放浪の旅を経てオーストラリアへの移住を決意。

現在ゴールドコーストのクーランガッタを拠点とし、写真や映像を通して日本人を中心としたオーストラリアのサーフィンの様子を伝えていると共に、自身も毎日海と触れ合いながらのサーフィンライフを送っている。

サーフコーチ、サーフィンジャッジ、サーフボード製造者としても活動しており、2017年より大村奈央のバディとしてWSL Women’s QSを転戦中。

 

 

個人、グループの撮影、映像提供承ります。
お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。