こんにちは。

前回に引き続き旅の様子を

ゴールドコーストを出発し2500kmの道のりを越え

途中寄ったキャラバンパークでは満月と重なりいい写真撮れました。

そしてたどり着いた伝説のビーチ。

なぜ伝説のビーチかというと、、、

僕もわかりません(笑)

以前来た時は約20年前ですが、そのときにはキャンプ場もなくただの砂漠の場所だったのが今ではすっかり人気の場所に。

まー電気の通らない場所ですが、このキャンピングカーのおかげで快適な生活ができました。

波も歩いてアクセスできるポイントがたくさんあり、その日のコンディションやレベルや気分に合わせてサーフィンできる。

探検して娘は疲れた〜って笑

ゴールドコーストでは見られない海に沈む夕陽

知らない犬と仲良しになって毎日遊んでいました。

動画を何本かあげているのでぜひこのすばらしい場所を感じてください。

場所は伏せていますが(笑)

ぜひいつか色んな人に行ってもらいたい場所です。

さて、オーストラリアはコロナの感染状況がよろしくなく、大変な事態になっています。

州ごとに状況は違うのですが、僕の住むクイーンズランドは感染者を出してない状況にありますが、シドニーのあるNSW州では長い間ロックダウンとなっています。

これにより州のボーダーを行き来することが出来ずに、仕事に行けない人、家族に会えない人、ゴールドコーストはの南側はもろに州境となるので、生活に影響が出ている人がたくさん。まさに僕も本業であるサーフボード工場に行けない状況であります。

と、大変な事態ながら、収入補償などが手厚いオーストラリアは生活に困る事がそこまでなく、旅から帰ってきてものすごく忙しかった生活から時間のある生活に代わりついつい気の緩んだ生活を送ってしまいがちです。

時間に余裕ができたことで心に余裕もできたのはいい事とらえていいのか?

何が起きてもおかしくない世の中で色々な人の様子を観察していると、結局コロナの状況であろうとなかろうと、行動する人は行動するし、不平を言って何もしない人はしない。

生活を今まで通りに戻そうとし、誰もわからない現状とこの先の状況を必死に戻そうと努力する人、

変わっていく、、、すでに変わっている?世の中の状況を受け入れることができず、また元の世界のような生活をできるとただただ待っている人、

何が正しいかわからないこの世の中ですが、どんな状況であろうと時間は限られているので、この与えられた時間を大切にしていきたいです。

また旅出たいな〜(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です