今日はボードライダーズのチーム戦Sailor Jerry Team TagのQLD予選がキャバリタビーチで行われていたので行ってきました。

 

 

僕の所属するALLEY BOARD-RIDERS

僕の所属するALLEY BOARDRIDERS       photo by Darren

左は大村さんに右はれんちゃん。

 

 

 

ちなみに男子は昨日すぐに負けてしまったので今日きてるのは女子のみ 笑

 

 

このチーム戦は毎回コンディションや大会によってルールが違うのですが、今回は1チーム5人、60分ヒートで各サーファー2本の点数の合計で勝敗が決まります。(5人なので10本の合計)また1本目の波は普通の点数で2本目の波はパワーウェーブという点数が倍になります。スタート地点があり岸スタートから始まり、2本乗って戻ってきて次の人にタッチしてまた次の人がまた海に走っていく。

2本しか乗れないので変な波にテイクオフして技を入れれることができなければ点数はつかないし、待ちすぎていては他の人の時間がなくなってしまうし、1本目いいライディングしても2本目ダメだったらそこまでのスコアだし、うまいサーファーに時間をいっぱいつかわせるなどとチーム内での作戦もカギとなります。

色々と考えなければならない事だらけですが、サーフィンオーストラリアによる試合技術の育成の部分が強く出ていて、試合で必要な素早く2本まとめるということ、ミスをしないということ、時間によるプレッシャーの中での演技、普段は個人種目のサーフィンがチームということで周りと協力することなどが考えられて行われています。

今回はスポンサーであるSailor Jerryというのがお酒の企業なので18歳以上のみのチーム構成がルールでしたが、他にあるチーム戦の大会は18歳以下1人、オープン3人、35歳以上1人とか決められており、各ボードライダーズの大人から子供までみんなで楽しめる大会が年間を通して何回かあります。

まーごちゃごちゃ書きましたが、いつものシリアスな個人での大会とは違い、みんなでワイワイ楽しめる大会なのです。

 

ワイワイといってもこの大会には、予選で賞金5600ドル。本戦はいくらか忘れたけど結構出るみたいです。

 

パワーウェーブで8.33出してトータル23点出したNorth End Boardridersの村松さやか

男子の結果はスチュワートケネディー、アダムメリングがいるLE -BA Boardridersが2位、ジェイフィリップス、ミッチパーキンソンなどがいるSnapper Boardridersが優勝。女子はD-BAH Boardridersが優勝で、ALLEY Boardridersは3位でした。

 

 

次は2週間後のナショナルファイナル。

これには全豪の予選を勝ち抜いたボードライダーズが集結しチャンピオンを決めます。

楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です