こんにちは。

このあいだのベルズビーチの試合でついにミックファニングが引退してしまいました。

1週間前の話ですが、、、みんなの期待通りに最後となるベルズビーチでの試合でファイナルまで進出し他のですが、惜しくも2位。

一足先に女子の優勝を決めたステファニーギルモア、WCT初優勝となったイタロフェレイラ、語り尽くせないほどのドラマがあり、本当に感動のファイナルデイでした。

最後のミックのスピーチには思わず涙が出そうになり、改めてこのWCTという舞台はものすごく、そしてスポーツの素晴らしさをこのサーフィンで感じさせられました。

 

 

 

 

 

さて、ゴールドコーストはCommon Wealth Gamesで大盛り上がり、、、なのかな?

テレビでは連日放送されていますが、予想された渋滞も僕の住んでいる地域では全然なく、普通の日々を過ごしております 笑

 

 

先週末はCAMPに行ってきました。

NSWのYAMBAとCOFFS HARBORのあいだにある、MINNIE WATERという場所。

娘も7ヶ月。

 

自分でテントを立てて自然の中で過ごすのっていいですね。

 

 

写真撮ってないけど、星空がものすごく綺麗でした。

 

 

こういう場所に住みたいな。。。と本当に思います。

 

ゴールドコーストではあんましない丸っこい石がいっぱい。

普段混雑している海から解放され、ファンウェーブなゆっくりした時間を過ごせました。

 

 

 

日が沈む時間も早くなり、朝晩涼しくなる過ごしやすいこの季節。

 

 

 

今年の夏もたくさんの人と会い、たくさんの出来事がありました。

 

日本人の活躍したBURLEIGH HEADSでの試合、活躍できなかったTWEED COAST PRO。ニューカッスル、マンリーではいつも見れないプライムサーファーを見ることもでき、ピリピリとした雰囲気の6000と1000との差は明らかで、技術もそうなんだけど、なんか技術というよりも重みというか、張り詰めた思いというか、とにかく一つ一つの濃さが違うように感じました。

と、偉そうなことを書いてるけど、サーフィンはみんなすごくうまいんだけど。。。だからそれだけに、みんなに頑張ってもらいたいです。

 

 

 

また他にも色々と考えさせられることもありながら、この夏はとても充実した時間を過ごせました。

 

 

 

この時期のオーストラリアはやっぱりいい。

 

自分の刺激にもなるし、たくさんの仲間にも会えるし、みんなそれぞれ価値観は違うけど、それぞれの個性があり、その中でサーフィンというものが共通のものであって、サーフィンのたくさんの可能性を感じそしてサーファーであることに改めてよかったと感じました。

 

 

そんな夏の思い出。パート1とパート2。

 

AUSTRALIA SUMMER SESSION 2018 part1 from NOJILANDFILM on Vimeo.

AUSTRALIA SUMMER SESSION 2018 PART2 from NOJILANDFILM on Vimeo.

 

雑な感じですが、、、僕の夏の思い出の1部分。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です