こんにちは。

 

怒涛のように時が過ぎ、夏真っ盛りのゴールドコーストを通り越して最近は涼しくとても過ごしやすいいい季節になってきました。

 

イベントも盛りだくさんの日々を送っていたので、もちろんこのブログもいつも通り放置。ただ毎日波がよくてサーフィンばっかしてただけなのですが笑

 

たくさんのことをいっぺんにできないタイプなので、今更ながら前回のブログの続きのNEW CASTLEとMANLYの事を。

 

約1ヶ月前になるんですね。笑

 

 

 

今回も大村奈央に帯同してWSL QS6000 GRANDSTAND SPORTS CLINIC WOMEN’S PROとVISSLA SYDNEY SURF PROに行ってきました。

オーストラリアレッグ1戦目となるニューカッスル。

 

 

到着した次の日には近くのNEWCASTLE BEACHで、NUDIE AUSTRALIAN BOARDRIDERS BATTLEの試合が行われていました。

 

 

これはオーストラリア1のボードライダーズ(各地域にあるサーフィンクラブ)を決める大会で、州によって出れるチームの数が違いますが、州予選を勝ち抜いたクラブが一斉に集まっていろんな形式(個人、チーム)での試合を行います。

 

全チームに個別のテントが用意され、会場には巨大なモニターもあり、もちろんライブ中継もしています。はっきり言ってQS6000よりも設備がいい。今回は賞金総額いくらかわからないですが、何年前かは賞金1000万。みんな自分のチームの誇りをかけて戦っています!

 

が、今回だけはゴールドコーストはCYCLONE GITAで波が炸裂しているので、スナッパーボードライダーズのみんなはなんでキラじゃなくて俺らはここにいるんだって、文句を言っていました 笑

 

QLDから出場しているBURLEIGH BOARDRIDERSのHINATA

 

大会は大盛り上がり。

 

優勝はタイラーライトとマイキーライト率いるカルバラボードライダーズ。

 

波は決して良くないけどただ試合をするのでなくこうして、ワールドチャンプやCT選手が自分のクラブの若い子たちと一緒になって試合をするというのはものすごい事。さすがサーフィン大国と感じました。

 

 

 

 

 

 

NEW CASTLEの街。

 

レンガ調の作りとウォールアートがたくさんでなんだかヨーロッパを思わせる雰囲気でした。ウォールアートのコンクールなどもあるようで、アートを感じる街でもありました。

会場となるMEREWETHER。

 

隣のビーチからの景色

 

雨が多かったけどたまに見られる綺麗な朝日。

 

と、雰囲気や景色は個人的に好きなのですが、坂道や一方通行がとても多く、何かいまいち街に馴染めませんでした。笑

 

基本シンプルなのが好きなので少し複雑になったりすると居心地の悪さを感じてしまい、また毎日雨がすごかったり、風がすごかったり、波の予報もコロコロ変わったり、何か完全アウェイの気分でした。工事中の建物も多かったし。そういうのすごいやだ 笑

 

遠征先でその土地になれるのは大事な事。常にホームの気分でいたいし、初めての場所で慣れなくても、その雰囲気に馴染めたりする事で、いいフィーリングを持って行動でき、気分良く試合に臨める。

 

 

と、試合を行うのは僕じゃないのですが 笑

 

 

でも、去年末のPORT STEPHENSから帯同して、今回は初めて何か歯車の合わないような感じがして、フリーサーフィンをしていても、試合の戦略でも、見てる波の場所も少しずれていて、、、と、まーそんな感じのNEW CASTLEの試合はROUND of 72(2回戦)でまさかの敗退。

 

 

シーズンを通して女子はグレードの高い試合が少ないだけに残念な結果でした。

 

 

 

今回は男子も合同でどんどん日本人選手が敗退していく中、勝ち上がっていったレオ

 

ROUND of 16で最後に逆転されてしまい9位でフィニッシュでしたが、とても力づよく、かっこいいサーフィンだった。

 

 

 PIC : WSL / TOM BENNETT

優勝は男マイキーライト、女ココホー。

 

 

 

早いラウンドで敗退してしまったので、残ってる日にちは別のところでフリーサーフィン。

どうせならという事で他のメンバーも誘ったら、大橋カイト、森ユウジ、村上シュン、佐藤ガイといった豪華なメンバーが集まりみんなでREDHEADというところで撮影。。。

 

 

 波はそこまで良くないのですが、このメンバーだけにすごいサーフィンが見れました。と、いうかみんな個性強すぎ。。。

 

 

 

別の日は去年訪れたBirubi Beachへ

奈央ちゃんとは試合でうまくいかなかったことを課題に、MANLYでいかにそれを改善できるかを改めて二人で話し合いながら、繰り返し練習。

 

いい波にも乗れて、いいリフレッシュになりました。

 

 

 

 

そしてMANLY

 

 

 

 

この家の柵と路駐とプルメリアの感じがマンリーという感じ!

 

サーファーズっぽいアーケードの前

 

たくさんおしゃれなカフェありました。

 

家が可愛い。

 

マンリーの町は植物屋さんや花屋がとても多く、他にはコインランドリーではなくクリーニングやさんが至るとこにありました。

 

ゴールドコーストではあんまし目につかないけど、、、スーツ着る人あんましいないからかな?笑

 

同じオーストラリアの海沿いの街でもやっぱり違う。

 

なんだか雰囲気も良く、すごく好きな感じの街でした!

 

 

 

ちょっと車を走らせて美味しいラーメン発見。

 

 

最高でした。

 

 

ちなみに家にはキッチン付きのはずが、鍋がなくてまさかのホットプレートでご飯炊きました。

 

てゆーか、ホットプレートあればなんでもできるんですね。。。毎日大活躍。

これはニューカッスルだけどたこ焼き。笑

 

ゴールドコーストから車で来てるから荷物気にせず持って来て、食事も外食全然せずに過ごしてました。

 

試合会場の設備はすごかった。

 

仮設のシェイプルームが作られていて、オーストラリア中のシェイパーがハンドシェイプを披露していました。

 

そして試合の方は、、、残念ながらまたまた良くないRound of 48(3回戦)で敗退。

 

1番初めのヒートのROUND of 72 (2回戦)はリズムよくいい試合をして1位通過したのですが、次のラウンドは始まる2ヒート前の試合の時に急遽コンテストが終了し翌日に。次の日は波が一気にサイズダウンして、コンディションがどんどん変化している中での試合となり、それにうまく対応できず。。。

 

どのスポーツも難しいけど、自然相手のスポーツは本当に難しいと思う。

 

それでも勝つ人はたくさんの勝つ条件のものを持っている。

 

うーーん、うまくいかないもんだなー。。。

 

 

STRAYA LEG from NOJILANDFILM on Vimeo.

 

 

 

なんか長々書いてたら疲れちゃったのでこの辺で。笑

 

ちなみに帰りはこの距離を1日かけて帰宅。

途中寄ったCrecent Heads波よかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です